FC2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 息子の友達 )

         息 子 の 友 達    { 21 }   「嫌ッ。止めないでェ・・入れて。翼様のものを・・入れて下さいませ。あなたの 太いものが欲しいのです・・」 私は思わず叫んでいました。私のオマ〇コは処女なのです。処女の女がこんなことを叫 ぶのはとっても恥ずかしかったのですが、翼様の翼様の焦らしに負けてしまったのです。 「何処に・・何を入れるのだい・・?ひかり。ハッキリと言わないと俺には解...

続きを読む

小説 舞の楽園 ( 

         息 子 の 友 達    { 20 }   凄く恥ずかしかったのですが、四つん這いで肛門に指を入れられたまま脚を開い て、前に突いた手を折って頭を低くしました。 その方がお尻を突き出すような姿勢になって、翼様に肛門を拡張され易いと思ったのです。翼様の太く長い指がズボズボズボと根元まで肛門に入って来ています。5~6回、いえ7~8回は突かれていまして、次第に気持ちが良く感じていました...

続きを読む

小説 舞の楽園 ( 息子の友達 )

         息 子 の 友 達    { 19 }   翼様が私の知らない言葉をおっしゃいました。 「ラブオイル・・?」 聞き返していました。 アナルセックスに於いては、翼様の方がご勉強をされているようで、私の知らない言葉 でした。 「ここを柔らかくないと・・ね。ひかりも痛いのは嫌だろう。じゃぁ・・チョット待っ てね・・」 首を振りますと、私の肛門に触っている指を退けて、丸裸のままベッドを下...

続きを読む

小説 舞の楽園 ( 息子の友達 )

         息 子 の 友 達    { 18 }   「そうか・・良く言えたね・・!和子は可愛いオンナになるんだ!俺が可愛い女に してやる・・!」 翼様は凄く満足そうでした。もう中学生の彼ではありません。年は若いのですが逞しく って優しい私の彼氏がそこにはいるのです。 マットの上に仰向いた私の恥毛に石鹸の泡を付けて剃り始めます。 前述の彼の言ったことに幸せを感じた私は目を瞑って全てを彼にお...

続きを読む

小説 舞の楽園 ( 息子の友達 )

         息 子 の 友 達    { 17 }   あらかた汚物が排水口に消えると、再度四つん這いの肛門がホースで塞がれていま  す。又、お湯が大量に入って来ます。そして、排泄です。 何度か繰り返されました。その度に翼様は出した汚物を排水口に流しております。 「綺麗になったな・・。もう汚れてはいないようだ」 10回ほど繰り返されたと思います。肛門からの水が透明になっています。 その間、恥...

続きを読む

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!