fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( メール )

      メール  -19
 「ああ・・イクゥ・・イッちゃいますぅ・・」
舞が突然のように大きな声を出して、身体を硬直させたのです。シーツを掴ん
でいた指先が白く変るほど激しくイッタようです。舞のオマ〇コが締まって
有香の腰に着けた男根が出入出来ないほどでした。
有香も彼に何回も犯されているうちにはイクことを覚えたようで、彼にキツイ
と言われたことがあるのです。
有香も舞がイッタことを知って、軽くですが上り詰めてしまっておりました。
有香が腰の動きを止めた時には、舞は有香の身体にギュウときつくしがみ付い
ていました。
舞をイカセタことは有香の喜びでした。「男の人は女を逝かせることが喜び
なのだ」と聞いておりましたが本当にそうなのだと思っております。
これからもことあるごとに、舞を泣くほどに喜ばしてやろうと心に誓って
おりました。

 「あああ・・あうんっ・・」
ディルドーがジュポッといかにも卑猥な音を立てて抜けました。
有香が有香の腰に着けた男根を引き抜いたときに突然舞が大声を上げたので
す。
ギュウーと締め付けていたお肉を引き剥がされた時の声のようです。きっと
凄い刺激を受けたのでしょう。
その跡には、舞のオマ〇コはディルドーの形をした深い穴がそのままの形を
して空いていました。
美しいピンクのヒダヒダが舞の呼吸に合わせてヒクヒクと蠢いているのが、
腰を離した有香の目に写っています。
しばらく舞は仰向けに足を上げてオマ〇コを晒したまま動きません。いえ
快感でオマ〇コを晒したまま動くことを忘れていたと思うのです。
有香が感動して見ていると、舞の肉壁がゆっくりと閉じて来ました。
すると舞のオマ〇コからやや白濁った分泌液が流れ出してきたのです。私の
男根は白濁を出してはいませんから、舞のアヌスがオマ〇コに変わったのだ
と思ったのです。
舞は男根を入れられて乱れてしまったことがよっぽど恥ずかしいのか、両
掌で顔を隠しておりました。
有香も彼に姦されて乱れた時は恥ずかしくって仕方がなかったので、分かる
ような気がしていました。

 擬似男根を抜いて有香は身体を起こして、まだ動けないような舞の躯から
離れました。有香の腰に付いた男根は逞しくピンピンしております。
有香が処女を捧げた大学生の彼は、事後は萎えて可愛らしくなったものです。
男の人はどうして射精をすると萎えて小さくなるんでしょう?
そんなことを考えながらベッドの上方に置いてあったティッシュの箱から
ちり紙を抜いています。
ふと見ると、有香の履いている黒い皮のパンティに白いドロッとした粘液が
付いているのに気付いたのです。
<何だろう?。先程のジェルかしら?>と思って指先で掬い取ったのです。
ところが、指先に付いた粘液はジェルではなかったのです。栗の花のような
変な匂いがするのです。(続く)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!