fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 或る人生 )

         或る人生     < 49 >
   それからのわたくしは皆様のご想像通りの人生を歩んでまいりましたのよ・・
 お金のために・・この白い肉体を切り売りいたしました・・わよ。
 しかし・・主人様や旦那様のようなわたくしを愛して下さる方は2度とは現れません。
 もう・・この年になってしまったならば・・悔しいことでございますが、肉体を売る 
ことも出来なくなりました。

 けれども皆様には・・こう云うアヌスで感じて、マゾ女として生きて来た男もいる
 のだと言うことを解って頂きたくって、お話を致しましたのよ・・
  長々とご清聴をありがとうございました。(完)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!