fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 秘密の場所 { 雄犬の彼氏 } )


         秘密の場所(雄犬の彼氏) -5
    (5)僕のアヌスに
 ジョーは僕の行動にちょっと驚いたような顔をして見ています。
僕が表面に垂らしたオイルを中指と人差し指を使って中まで塗りこんで、ヌメ
ヌメとしてポッカリと開いているアヌスを見て、舌を出して舐めて来ました。
「アッ、アッ、いいわっ・・」
ジョーの舐め方は抜群にいいのです。僕は思わず女のように喘いでしまいまし
た。

 僕は今まで関係を持った男の人は何人かいるのですが、そして、そのうちの
幾人かの人はアヌスを舐めてもらったことはあるのですが、ジョーの舌の感触
は人間の舌とは全然違うのです。
まず、その大きさです。そして、舌使いが巧みなんです。大きく良く動く舌
で僕のオマ〇コをピッタリと蓋をして、勢い良く動く舌でクネクネと嘗め回す
のです。その舌がざらついていて、それで柔らかくて細い刷毛で撫でられてい
る感触なのです。

 でも、ジョーは塗ったオイルが口に会わなかったのか、2~3回で舐めるのを
止めてしまっていまい、僕の裸のお尻を鼻先で押しています。まるで、僕に
セックスのポジションを取れと言うようなんです。
僕は正座した上半身を前に倒して、後ろ足を曲げて、膝にくっつけて牝犬のポ
ジションを取っていました。

威厳を示すようにスクッと立っているジョーの柔らか下腹部には、真紅のペニ
スが突っ立ったままでした。
「いいわよ。入れて・・」
僕は牝犬の気持ちでした。

 全裸の僕の後ろに陣取ったジョーは僕の背中に両脚を掛けて覆いかぶさる
ようにしてきました。
ジョーのペニスが僕のお尻に(正確には僕の包茎のオチ〇チンとアヌスの中間
に)痛いくらいに強く当たっています。

 僕は背中に当てられた前足を意識しながら股間越しに後ろに手を廻して、細
いが硬く張り詰めたペニスを握ってアヌスに引き寄せたのです。
オイルを塗った僕のアヌスに先端が付くと同時に、背中に当てられている前足
に力が込められてグイッとジョーが腰を使ったのです。
ジョーの細いペニスは一撃で僕のアヌスに入ったのです。
オイルの力で痛いことはありませんでしたが深いところに入ったようなのです。
ググッと直腸の曲がり角まで入ってしまったようで、奥のほうに微かな痛みを
覚えております。(続く)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!