fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( マゾ牝貞子 )

        マゾ牝 貞子   < 30 >
   それには・・再び貞子を淫らに興奮させて良い表情にしてやって、純子に『羨ましい
・・』と思わせないといけない・・と考えたのです。
「ヨシッ・・貞子。舐めろ・・!又ギンギンにしたら・・入れてやる・・!」
幾らかですが、怒張の萎えた男根を貞子の口に突き付けました。
『ご主人様は女となった父と子の女の演技をすることに興奮しているのだ・・わ』と貞子
は悟ったのです。
大き目のオッパイを揺すりながら砲身に武者振り付き、心を込めて口舌ほうしを初めて
いました。

  「貞子。さあ・・オマ〇コを出せ・・入れてやる・・」
砲身が大きくなって来ると、貞子の口から引き抜いてベッドの上を指し、ご主人様はおっ
しゃいます。
貞子はいそいそとベッドへ上がり仰向けになり、両脚を広げてご主人様をお迎えする姿勢
をとりました入れて・・入れて下さいまし・・ご主人様ァ・・」
先程薄紫色をしたイボ付きの大型バイブが入っていて、緩みに緩んだアヌスは内部の紅色
の肉壁を見せて開いているようです。

 オマコ〇コにご主人様の巨根がズブズブと音を立てて入り込んで来ました。
「アアッ・・いい。・・いいわ・・」
貞子は咽を大きく反らして、ウットリとした表情です。散々焦らされたご主人様の大きな
物が入って来たのです。
グィと突かれました。
「ん・・んっ。ハアハア・・ハッ・ハッ・・ううぅ。イイワァ・・」
抽送が激しくなり、男根が奥まで入ると、肩で息をしながら激しくお尻を上下をさせて、
送り込まてて来る快美観を快感を貪っていました。

 「それっ・・それッ・・」
「アヒィィ~ッヒイ・・。ググググゥゥ・・」
貞子の食い縛った口元から涎を垂らして、その表情は快感に狂った女の顔そのものでした。
「あっ、おおおっ・・イクゥ、イッチャウ・・。ご主人様ァ・・貞子逝っちゃいますゥ・
・・ううt・・うううっ・・」
そう叫ぶと、二つに折られた裸身をガクガクと震わせて上り詰めてしまっていました。

 貞子のオマ〇コは絶頂に登り詰めるとともにご主人様の巨砲を絞り上げて締めて毛てい
ます。
「貞子。耐えられない・・ぞ。貞子よ・・俺も逝くぞ・・・イクゥ・・」
ご主人様の砲身も堰を切り、貞子の直腸の奥深くに激情を迸らせていました。
「うう・・うっ。ううんっ・・」
もう貞子は声も出せないほどの苦痛に等しい快感を味わい、歯を食い縛って呻くしか無か
ったのです。

 激しい情交が終わって貞子がフト気が付くと、純様が今の貞子の乱れた一部始終をジッ
と見ていたのです。
純様の目の中には、貞子がオンナとして完璧にご主人様を満足させて上げたことに対して
の憧れと、そしてそれに対する嫉妬と、父であった男に対する軽蔑の光が無い混ざり燃え
ていたのです。
『は~あ。純子も・・ああなりたいわ。早くなりたい・・わ』と云う気持ちが大きくなっ
て来ています。

 ご主人様に犯されて、砲身が抜け出たまま放恣に開いている肉体を起こした貞子は、純
様のその眸に気が付きました。
貞子の命でもあるご主人様を盗られてしまわないようにと、貞子は純様に対して挑戦的
な目を向けたのです。一瞬ですが・・
純様は貞子のこの挑戦的な眸に気が付きました。
そして・・『ヨシッ・・女になろう・・!そして・・この挑戦的な眸をしたこの男の、い
や・・このマゾ牝の上に君臨してやるのだ・・。それが・・このご主人様と呼ばれる男
の希望なのだから・・・」と一瞬の内に決心をしたのです。(つづく)




   
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

no30を記入デキなかったので30を記入しました。
いつもお読みいただいてありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!