fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( アルバイト )


        アルバイト -15
 「ああっ、あああ・・もう・・もう・・」
和美が白い咽を反らして嬌声をあげた。
大きな亀頭が腸壁を擦る感覚が耐まらないらしかった。
田岡も目から得られるその淫靡な光景と耳から聞こえる和美の喜びの声の
相乗効果で高ぶってきている。
田岡は入り口のところで遊ぶのを止めて、腰に力を加えてグイグイと突い
ている。
「アッ、イヤ! 深いぃ~」
和美は直腸の最も深いところを突かれて呻き声をあげていた。
腸の奥を突くたびに(否、雁を抜くたびに・・と言った方が正確かもしれ
ない)キュッキュット内部の襞が締め付ける。
田岡は、この前に抱いた商売女よりも数倍気持ちの良いことに、驚いてい
た。ブカブカの女の膣よりも和美のオマ〇コの方がず~といいとさえ思っ
ている。

 グイグイと狭い穴の壁をこじ開けていた田岡は急速に高ぶって行った。
「出すぞ!!生でいいか?」
和美の直腸の最奥を突いておいてピタリと出入を止めて、唸るように言って
いる。
「あああ・・来て! ちょうだい・・」
出入によってヒリ付くアヌスに押し付けられた大きく成長した男の怒張を
頼もしく思いながら、和美の声は掠れていた。
肛門の襞が絡みついた巨大になった砲身に、根元から先端にかけて精液が
昇ってくるのが和美には分かった。
<これが・・男の精液なんだ・・>と、思った瞬間にドバーと腸に衝撃を
受けている。
ドバッ、ドバッドバッ
直腸への衝撃は2度、3度と続いた。
店長の射精を受けながら、<この男からは離れることが出来なくなるので
はないか>と、白く濁り行く頭で考えている和美がいた。(続く)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!