fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 調教師 )




調教師   ー ( 18 )

幾ら、肛門に催淫剤入りの弛緩剤を塗って開き切っている・・とは言え、あんな
  小さな孔にあのような大きく太い剛直が入ってしまうなんて・・と、俺は毎回見る度
  に思うのだ。
  よほど・・綾のアヌスは柔らかいのであろう・・


    助手は微動だにしない。
  入れられた綾の痛みが引いて来るのをジッと待っている。
  毎回のように、生贄の女の肛門を犯しているので、慣れたものである。

    巨大な男性器で肛門を串刺しにされた綾は、最初に一撃を食らった時は背中が見
  えるほど飛び上がったが、今は口を大きく開いて火のような呼吸を繰り返していた。
暫くそのままの姿勢でジッとしていた黒い男は、綾の白い身体から力が抜けて来たの
  を見て広げていた両脚を離した。
  離された両脚は直ぐに日焼けをした逞しい男の両肩に担がれている。
  綾の白い華奢な躯は腰から双つに折られて苦しそうであった。
 
   「凄い締め付けだ! 綾はいいオマ〇コを持っているぞ・・!」
  今までに何人もの連れて来られた女のアヌスを奪って来た男の助手には、綾のアヌス
  の良し悪しが判るのであろう・・

    ちょうど俺の見ている位置は、両脚を離された時に身動ぎをした綾の真横に位置
  をしている。
  日焼けをして真っ黒な男の腰と、犯されている真っ白な綾のお尻とが何とも言えない
  絶妙なコントラストを描いている。

二つに折られた綾の上体は、両腕を頭の脇に投げ出して、剃り取られた女のような
  脇の下を無防備に曝け出していた。
  「 あっ、ああ・・ヤメテ・・」
  助手の自由になった手は、綾の平らな胸のピンク色をしたポッチを弄っている。

   先程強く嬲られたそこは痛みが残っているのであろう、お尻を棍棒のような剛直で
  串刺しにされて動かない躯を、ピクンとさせてか細い声を上げている。



   「ここも・・改造して、もっともっと大きくして・・そうだな、D カップぐらいが
  いいかな?」
  「 お前は女になるんだよ・・! もう・・なってはいるが・・な」
  黒い男は言い終わると、ニヤリと笑った。
  巨大な男根をアヌスの中に突っ込まれたまま身悶えを繰り返している綾は、胸を突き
  だし腰を振っている。
  まるで・・もっともっと突っ込んでくれ・・とせがんでいるようであった。


    黒褐色のヘラクレスは少しずつだが腰を動かし始めた。
  「ハッ、ハッ、ハッハッ・・」
  腰が動く度に綾の呼吸音がせわしなく聞こえてくる。

    「 ほら、横の鏡を見てみろ! 俺の太いものが・・ズボズボとお前のオマ〇コ
  に入って行くのが見えるだろう・・? 良く見るんだ・・な!」 
  真っ白な双脚を逞しい肩に掛けなおして、恥ずかしがる綾の顔の両脇に手を突いた
  助手が、自分の腰を最大限持ち上げて亀頭の部分までアヌスから抜いて、揶揄うよう
  に言った。
  助手のヘラクレスは余裕が出てきたようだ・・

    可愛い顔がこちらを向いて、鏡の中の自分と向き合っている。
  そこには真っ白な躯を腰から二つ折りにされて、黒い大男に真上から串刺しにされて
  いる自分の姿が見えるはずだ・・


    「アッ。イヤッ・・」
  恥ずかしい自分の姿と向き合った綾は余りに淫らな姿に、ショックを受けたようである。
  しかし・・圧倒的な体格の違いは如何ともし難く、双脚お広い肩に担ぎあげられた姿勢
  では、覗き見られたお尻の筋肉を硬直させたに過ぎなかった。(つづく)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!