fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 義父を奴隷女に・・)




義父を奴隷女に・・ - < 1 >

この文は義父を犯して、女にしてしまった俺の異常とも言える告白文なのです。



   俺は倉敷圭太と言います。
  27歳の平凡な、都内の会社に勤務するサラリーマンです。
  結婚して2年ちょっとになります。

   妻は香。25歳。ある公立病院に勤める看護師です。
  去年までは、昼間だけの外来病棟に勤務だったのですが、今年の4月からは勤務が変わ
  りまして、昼間の勤務と夜間の勤務を交代でする入院病棟の勤務に変わってしまったの
  です。

   本来ならば・・妻 香の昼間の勤務の間に子供を作って置きたかったのですが、新婚
  と云うこともあって、子供は暫くは作らないで新婚生活を楽しんでいたのです。
  それが・・裏目に出てしまったようなのです。


この不況で給与も減額されて、毎日飲みに行く訳にも行かず、俺は独りボオーとテレ
  ビを見ていることが多くなっていました。
  まあ、そんな訳で、義父を俺のものにすることが出来たから、まるっ切り世の中と云う
  ものは不公平に出来ている訳でもない・・と思っています。


   妻の父親は52歳になったばかりだそうです。
  名前は田所光司と申します。
  義母は5年前に他界をしていまして、俺は遺影でしか会ってはいません。
 
   義父は10年くらい前から、不動産会社の賃貸住宅の管理人をしていまして、その2
  棟100戸程の団地の1番端っこにある管理人室に居住をしています。
  俺達夫婦も新婚当初に、その団地の1室に空き家が出来たと聞いたので、その部屋を借
  りました。
  現在もそこに居住しています。

   妻の香は一人っ子でしたので、「 お父さんの近くに住みたいわ・・」と言っていま
  したので、「 理想的な住宅を確保出来たわ・・」と喜んでいます。

   義父は頭には白髪が大分多くはなりましたが、『 若い頃は女性に騒がれたのでは無
  か・・』と思うくらいにハンサムで、可愛い顔をしております。
  美人で小柄で、色が白くって体毛も少ないのは、『 妻に遺伝したのではないか・・』
  と思っています。

   52歳と云っても、40代の中頃の年齢に見える時もあり、一人娘である妻を「 お
  嫁さんに下さい 」と家へ訪ねた時には、余りに若い感じがしたので吃驚したもので
  す。



    その時にフト思ったのです。
  『 この舅となるこの男を女にしたら・・如何だろう・・? 』『 俺のオンナにして
  可愛がってやりたいものだ・・』と考えたのです。

    俺は決して男好きと云う訳ではありませんが、余りに可愛い貌をしていることも
  相まって、そんな不埒な考えを持ってしまったのです。

    それでも・・幾ら近くに住むことになっても妻の父親ですから、新婚と云うこと
  もあって妻に入れ込んでおりました。
  そう考えたことも忘れていました。
  ・・・と言うよりも、想い出しもしませんでした。( つづく )


   
  


   
   
    


















      
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!