fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 義父を奴隷女に・・)




義父を奴隷女に・・ - < 9 >

「 動かす・・ぞ!」
  ひかりのキツク締め付けていたオマ〇コが 緩んだことで、どうやら動かすことが
  出来そうです。
  そして・・『 ひかりは俺を受け入れてくれたんだ・・』と俺は勝手に解釈したの
  です。
  言うよりも早く、オマ〇コに挿入していた砲身をユックリと抜き出しています。

    「 イヤァ~! 動かさないでェ~・・」
  ひかりは女のように叫びました。
  その声は、女房のアヌスを初めて犯した時の声にソックリでした。
  「ひかりは・・女になっている!と思ったものです。

    今、考えると・・『 白い肌をして体毛もほどんと見当たらないひかりは、女
  になる素質は十分にあった・・』と考えられます。


    肩に担いでいたひかりの白い両脚の足首を持ち直して、割広げました。
  「 イヤァ・・!そんなこと・・しないでェ・・!」
   又、ひかりの羞恥に塗れた哀願です。

    俺の眼下に、ひかりの二つ折りにされて白くチョッピリ福与かな腹部が露わに
  なっています。
  薄い恥毛の下側に、小さいピンク色をした包茎の男根とこげ茶色のこれも小さく
  こまった玉袋が裏返って見えていました。
  SEXの時に、いつも見慣れている妻の女陰とは違うところです。
 
   『 男を犯しているんだ・・」再認識をした俺です。
  ・・が、男根は小さくなるどころか、ますます猛り切っています。
  もし・・小さく萎んでいたら、ひかりを俺のオンナには出来なかったかと思うの
  です。


ひかりのオマ〇コは見事に俺の倅を加え込んでいます。
  「 切れてはいないようだ・・!ひかり。お前は良いオマ〇コをしているな・・」
  ひかりが余りに痛がるので、ひょっとしたら切れてしまったのではないか・・と
  不安になっていました。

   妻の第2のオマ〇コは、充分時間を掛けて訓練をした上で挿入したのですが、ひ
  かりにはそんな時間は無かったのです。
  心配でした。
  『 もし・・アヌスが切れていて、血が出ているとしたら、ひかりを俺のオンナに
  すること自体を諦めなくてはならない・・』とまで思い詰めていたのです。

   ソロソロと砲身を抜き出して、切れていないことを確認した俺は言っています。
  その言い方は、お義父さん・・ではなく、俺の考えているひかりと云う名前で、
  俺のオンナに対する言い方だったのです。
  S の言い方でした。

   どうも・・普段はどちらかと言うと大人しい俺なのですが、女とSEXをする時に
  は S になってしまうようです。
  その言い方も、女を辱める言葉になっています。(つづく)


   
   
    





















      
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!