fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 私は薫 )


         「 薫 」(12)
今ちゃんは腰の動きも最初はぎこちなかったのですが、先走りの液が出て来ま
して次第に動きもスムーズになってきました。
そうすると、私の方が可笑しな気分になってしまったのです。私の玉袋の後方
に押付けられている今ちゃんの男性自身に擦られて、気持ちが良くなってしま
ったのです。
「あっ、あっ、あああっ・・・」
今ちゃんが浅く深く腰を使うと、私の肛門の方まで彼の男性自身が届くようで、
それがまた声が出てしまうほど気持ちが良いのです。
恥ずかしかったのですが声が出始め、善がり始めるともう我慢が出来ません。
今ちゃんも私の興奮が移ったのか、また興奮をして気持ちが良くなって来たよ
うで「出るっ、出てしまう・・・」と言い出したのです。

私は自分ではない他の男性が放出するのを見るのは、いえ、感じるのは初めて
でして、また異常に興奮してしまいました。
「一緒に・・・・」
思わず口走っておりました。
 今ちゃんの最終的な詰めの動きはそれはダイナミックなものでした。今ち
ゃんのお腹で押しつぶされた私の男性は、その激しく肛門の付近を擦って来
る刺激と相まって、私の方が今ちゃんより先に放出してしまったのです。
今ちゃんも時を置かずに発射させていました。
私は頭の中が真っ白になって何も考えられない状態です。激しい放出に2人
共放心状態でぐったりと抱き合っていたのです。

「こうしてはいられないわ・・・」
暫くは2人共全裸で抱き合っていましたが私はそう考えて起き上がり、枕元
に置いてあったティッシュを取り上げて、今ちゃんの放出してやや柔らかく
なったものを拭いて上げていました。
そして、私が放出して彼のお腹に掛っていまった白い精液も丁寧に拭きとっ
ていました。
私のその行為を、今ちゃんは女のようだと感じたようで、大変に喜んでくれ
たのです。
私の肉体を使ってくれて、放出までしてくれた今ちゃんが喜ぶ顔はとっても
素敵でした。今度は私の肉体の中に放出してくれることを願っている私がお
りました。
女の幸せとはこのようなものだと思っている自分がおりました。


  <男らしい今ちゃん>
 山ちゃんは感じるところが沢山あるようだった。それも身体中にある。
その部分を愛撫してやると、声が震えてまるで女が濡れてしまうように、な
ってしまうらしい。
俺は彼の声を聞いていると、女を愛撫しているのかと錯覚してしまいそうだ。
そんな山ちゃんの姿を俺は可愛いと思っている。
「可愛いよ。ここはどうだ?感じるのか?」
何度も何度も俺は言っていたと思う。
山ちゃんはますます全裸の身体に力を入れて、そして、ますます身体を密着
させて来るのだ。そして、非常に可愛らしい仕草でキスをせがんで来るのだ。
(続く)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!