fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 正太様のオンナ )

お休みいたしてスミマセン。今日から頑張りますので宜しく。





   正  太  様  の  女  ー 15

『  彼は動きたくなるのを我慢に我慢を重ねて、砲身を動かさないでくれている
   のだ・・』と言うことが私には判りました。
   何故ならば・・動かない彼の砲身がピクリピクリと動くのです。
   『 彼はすることにも我慢強いわ・・』と考えますと共に、『 私に痛さを与えな
   いように・・そうしているんだわ・・』と思って『 愛されているんだわ・・』と
   感激してしまいました。

    時間が経ち段々と痛みも薄れて来ました。
   彼の砲身の大きさに、私の肛門が馴染んで来たのでしょう・・
   痛みが薄れて来ますと、挿入された時のさっきの激痛は嘘のように消え去って、僅
   かに幅ったい痛みに変わっていました。

    痛みが無くなって来ますと・・私は彼の精液が欲しくなりました。
   彼の愛の証が欲しくなったのです。
   女となった私としては当然のことのようでした。
   そこで・・「 もう、痛くはないわ!動いてもいいわ・・」と言うように、意識を
   しまして彼の砲身を締め付けて見ました。


    私の彼は、「 痛く無くなったわ!動いても OKよ・・!」と言うように締め付
   けたことを、敏感に察してくれたのです。

    「もう・・動かしてもいいのかい!隆子。もう痛く無くなったのかい・・?」
   我慢していたであろう彼はそう聞いてきたのです。優しい声でです。
   
    「 隆子」と又、呼んでおります。
   私を彼のオンナと印象づけたい・・・のでしょうか?
   可愛いじゃないですか・・

 「 はい!あなた!隆子。もう痛くはありませんことよ・・」
   既に挿入されてしまった隆子は、もう彼のオンナです。
   諦めの気持ちが50%と何かとても安心したような気持ちが50%交差してい
   まして、私は声も発音ももう女の言葉です。
   彼を「 あなた」と言っておりました。
  
     彼は私のその言葉を聞くと非常に嬉しそうに微笑んでいます。
   私に痛みを与えないと云う気持ちなのか、ゆっくり・ゆっくりと最奥まで押し
   いれていました男根を抜き出し始めました。

     「 あっ。あっ。あっ・・あああぁぁ・・」
   そこだけ私に似た括れの大きい怒張が抜け出る感覚に、私は声を押さえること
   が出来ません。
   とっても・・・いいのです。

     私はアヌスの内部にも快感があることを初めて知りました。

     いえ、もう彼のモノを受け入れてしまいましたのですから、アヌスなんか
   ではありません。
   これからは・・正太様の言うようにオマ〇コと呼びましょう・・


    「 隆子。いいの・・か?。そんなに・・オマ〇コがいいのか・・?」
   白い腰を振って喘いでいます私を見て、彼は興奮したようです。
   そして・・興奮を収めるように、ちょっと意地悪っぽく申します。

    「 あなた。いいのよ・・!とっても素敵だわよ・・」
   初めて息子に挿入されまして、女のように「 いいわ!」とは恥ずかしくって、
   とても言えた義理では無かったのですが・・素直なオンナになってしまったので
   すから、小声ながら言っておりました。
   いえ・・本当のところは、もう淫乱女になっていました。

    『 正太様の前では・・素直なオンナでいたいわ・・』と決心を固めていま
   した。
   『 もう快感をかくすようなことは必要がないわ・・』とさえ思っておりました。
   『 正太様のオンナになったからには、私の肉体を捧げて、喜んで頂きたいた
    だきたいとすら願っておりました。( つづく )

   



























スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!