fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 息子 )


          息子 -(20) 
 「いいわよ。あなたと隆弘はわたしの旦那様よ。いつまでもわたしを可愛が
ってね・・・」
彼の巨大な男性自身を右手にして、隆弘の大きく成長した男根を左手に丸裸に
ならさられている私は女の幸せを実感しています。
もう隆弘は女ではありませんで、大きな男根を持った男性なのです。そして
ハーフのジョージも特大の肉棒を私の爛れきったオマ〇コに入れようとしてい
ます。
後1年半彼等が高校を卒業するまで、こうした生活を送れそうですが、それ以
降のことは解りません。できれば死ぬまで彼等の奥様として続けていければい
いのですが・・・・・・・・(終わり)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!