fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( そうすれば家族 )




そうすれば家族・・{ カミングアウト } ( 2 )

 SEX 自体が初めてのためか怖い顔をした息子は、泣き叫び哀願する私のアヌス
  に無理矢理挿入させて、一気呵成に腰を動かしています。
  そして・・射精までしたしまったのです。

   でも・・不思議なのですが・・「 いくぞ!」と叫んで射精をされた瞬間に。そ
  の痛みの中に、疑似男根の張り型とは異なった本物の男性自身の持つ暖かさとドク
  ドクと注がれた射精感に、何かこう安心感みたいなをのを感じていました。

   この感覚はアヌスの傷も癒えた後も、私の心の中に残っています。
  この事は他人には決して言えないと思っています。


      
         < 私と息子 >

   私は結婚して23年になりました。55歳を過ぎています。
  妻は身体が弱く、子供には恵まれませんでした。
  ・・と言うよりも・・私の一物が小さくて如何にも貧弱だったかも知れません。
  妻の所為ばかりにしてはいけませんね・・

   そこで・・妻の姉に2人の男の子がいました。
  その次男の和樹の方を、小学校の卒業と同時に、養子に向かえることにしたので
  す。
  姉の長男も次男も妻には「 叔母ちゃん。叔母ちゃん」と言って慕って、馴染ん
  でいたからです。

   その弟の方の子供を養子にした当時は、妻もまだ元気にしておりましたが、
  現在は重い心臓病を患って入院生活を送っています。


   私は40歳の時に、当時勤めていました貿易会社を辞めまして、実家の稼業を
  継いだのです。
  父が興した実家のお店を潰したくは無かったのです。

   お店と云うのは・・仕出し弁当を作って販売し。付近の会社等に配達をする
  惣菜店なのです。
  父がお店を興して、母も手伝っていましたが、母が私が大学を卒業すると同時に
  亡くなっております。
  父も私が家業を継いだ翌年に亡くなりました。

   結婚をしまして稼業も継いで、妻も店を手伝っておりました。
  妻が入院した今は、近所のオバサン達を5名ほど雇入れて営業しております。

妻は元来病弱でありました。
  それなのに、死んだ母親の代わりに店を手伝っています。
  心労が重なったものと思われ、寝たっきりになってしまいました。

  養子に向かえた息子は、特別、妻には懐いておりました。
 それでも・・養子に来た当時は「 お母さん」と呼ぶのは恥ずかしいのか、なか
 なか口にしなかったものです。
 しかし・・半年ぐらいしますと、「 お母さん」と言うようにはなりました。
 どう云う訳か、私に対しては「 お父さん」と言うのは聞いたことがありません。
 しかし・・懐いていたと、私は思います。(つづく)   
    





















      
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!