fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( そうすれば家族 )




そうすれば家族・・{ カミングアウト } ( 15 )

    逞しい男の舌で、荒々しく口中を蹂躙されている間に、私の着ていたシャツ
   とスラックスを剝ぎ取られてしまいました。
    「 イヤァ・・それは・・取らないでェェ・・」
   やっと離れた唇の間隙を縫って、私の声が漏れた時には、ブリーフも脱がされ
   てしまっています。

    全裸にされてしまった私はもう暴れることも出来ません。


    暴れることも無くなった私を見て、息子は押さえつけている身体を引きまし
   た。
   白裸が恥ずかしく、ゼイゼイと荒い息を吐きながらも、私はクルリと願えりを
   打って伏せの姿勢になりました。

    その様子を、立ったまま暫く見ていた彼は、着ていた学生服を脱ぎ捨てます。      
   全部の衣類を脱ぎ捨てた息子は、丸裸にした私の背中に再度被さって来ました。
今度は先程までの乱暴な態度と言うよりも、愛おしいもに縋り付くと言った感
   じがしました。

    ピトッと合わさった息子の胸は熱く逞しいのです。
   髪の毛を撫ぜていた掌が、伏せの姿勢を取っている私の肩から脇腹を撫ぜ降ろ
   し、お腹からお尻へと廻って来ます。

    大きな熱い掌がお尻の頂点を撫で、緊張して強張っているアヌスに触れた時
   に、私はピクリと跳ねました。

    「アアァ・・優しく・・して・・」
   そして・・思わず口走っていました。
   もう・・幾ら抵抗しても、体格も大きく逞しくなった息子に、力では勝てない
   と云う諦めがありました。
   それと同時に。その温かい掌の愛撫に、何か愛情見たいなものを感じていたの
   です。

    まず最初に、私が女になったと思う瞬間でした。


 < 再び彼のものが・・ >


    全裸にされて、ベッドの中央に横たわっている白い背中を押して、息子は
   自分の体躯を横たえます。
   そして・・前述の愛撫を再開したのです。

    「 白くって可愛い身体をしている・・ね!以前から男にしておくのは勿体
   ない・・と思っていたんだ・・!」
   「 女にしてやろう‥ネ!」
   背中を撫でながら、息子は呟きます。

     「 この前は・・乱暴にしてゴメンネ・・!今日は時間もある!優しく女
   にして上げる・・ネ」
   息子の熱い手はゆっくりと背中を撫ぜ、お尻の方へと移って行きました。(
   つづく)






  
   














      
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!