fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( そうすれば家族 )




そうすれば家族・・{ カミングアウト } ( 18 )

その哀願が聞こえたのかどうかは判りませんでしたが、彼の唇は又肛門に
  被さって来ました。
  今度は、舌を丸めて内部に入れて来ました。

   「 あっ。あわっ・・いいっ・・」
  硬くなった舌は内部の紅を攪拌して、異様な快感を私に与えていました。
  私は思わず「 いいっ・・」と口走ってしまいました。
  暫く、肛門が柔らかくなりまして口を開くまで、舌を入れて掻き回していた
  彼は口を離しました。
  チラッとですが見えてしまった彼の顔は、唾液に塗れてテカテカと光ってい
  ました。

   私は恥ずかしくなって、目を瞑ってしまいました。


   四つん這いになりましてお尻を高々と上げている私の肛門に熱いものが当
  てられました。
  灼熱化した彼の怒張です。

   若い彼は焦ったように、グイッと腰に力を加え怒張を私の肛門に入れよう
  としております。

   「 イタイ!イタイのですぅぅぅ・・」
  彼の舌によって表面は緩んでいますアヌスですが、中の方は緩んでなんかい 
  ません。
  激痛が私を襲います。

   この前は、狭い軽自動車の中で、私のお尻は逃げられない状態で、強引に
  入れられたのです。
  入れられるのを避けることも出来なかったのです。
  今日はベッドの上です。
  激痛に私はタタラを踏んで、前にノメッテいたのです。

   「 これじゃぁ・・ダメだな!よし。このままで・・待っていろよ・・!」
丸で年上の男の人が年下の女に言うように、彼は言いました。
  私は当然のことのように思っています。

   
   丸裸で呆けたように、ベッドの上でシーツに頭を付けた格好で、お尻を高く
  掲げた私のバックに、カチンカチンの砲身を揺らしながら近づきます。
  浅黒い偉丈夫になった肉体に漆黒の草むら、巨大に成長した大砲を私の眼は捕
  えております。
  『 今から・・その大砲を体内に受け入れなくっちゃならないの・・?』と思
  って目を瞑りました。
  覚悟はしましたが、恥ずかしかったのです。

   再び、彼の手は肛門を弄り始めます。
  今度は指にクリームを大量に盛ってあるのでしょう、指は抵抗も無くアヌスに
  沈みました。

   もう・・入口のところは開いていたのでしょう、直ぐに2本の指が入って来
  ました。

   体格が大きいと指も長くそして太くなるのでしょうか、彼の長い指は奥深く
  を抉って来るのです。
  指の付け根まで突き入れて置いて、グルリと廻して来ました。
  私の男性自身の裏側を擦っています。

   「 うわぁぁ・・、そ、そこは・・」
  男性自身の裏側を擦られて、今までとは違った鋭い感覚に、私は白い腰を跳
  ね上げ、思わず声を上がています。
   
    「 ここだな!ここが・・感じるのか・・?」
  それは・・快感と言うよりも、痛みにも似た、もっと鋭い感覚でした。(つ
  づく)

  


   


   

  
   














      
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!