fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( そうすれば家族 )




そうすれば家族・・{ カミングアウト } ( 20 )
   
    
ズシンと最後の一突きで直腸の曲がり角まで、剛直がはいったのを感じています。
  「 う・・動かないでェェ・・」
  痛さはさほどではありませんが、『 今 動かれたらば、わたしは如何なってしま
  うのだろう・・』と云う思いが、私に哀願させています。

   その哀願が効いたのでしょうか、彼の砲身は私の体内の奥に留まったまま動きま
  せん。
  そのまま、数分が過ぎたように感じています。

   「 頼子。もういいか?俺は我慢の限界だ・・!」
  もう痛みは全くありません。内部に入っている男根をギューと締め付けていました。
  彼は限界に近づいているようで、切なそうにそう言うのです。

   「 それと・・このままで、仰向けになれ!足を縮めて・・抜くんだ・・!」
  「 俺は・・頼子の顔を見ながら犯したいのだ・・!」
  私の男は命令するのです。

   「 このままで・・ですか・・?」
  驚いて、私は聞き返しました。
  妻との性交も、繋がったまま体位を変えたことはありませんでしたから・・
  私の男根は細くって、小さかったもので、体位を変えると抜けてしまうのです。

   しかし・・彼の男根だったら出来そうな気もします。
  後半の彼の言葉が気になるのですが、それよりも体位を変えることに気が向いてい
  ました。

   後ろから挿入されていたので、砲身が抜けないようにソロリソロリと横向けにな
  りました。
  それから・・足を縮めて、彼のお腹の前を通して横向きになったのです。
  私の白い腰を掴んでいた彼の手は、私のお尻を掴んで協力して呉れています。

   「 アッ、アアァァ・・」
  グルッ・グルリと2度ほど、ピッチリと締め付けていたアヌスの中で砲身が擦れ
  て廻り、私は悲鳴を上げました。
  私の脚は開かれていまして、2人の共同作業は終わったようです。
  「 フウゥー」と彼の口からは安堵の溜息が聞こえたようです。

   何時の間にか、白い両脚は彼の肩に担がれていまして、枕が腰の下に引き込ま
  まれていました。( つづく )



















      
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!