fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園  ( アマン )

   
         アマン  《 22 》
   「どれどれ・・」
 森嶋様は起っている私の乳首に興味を持たれたようです。早速両の手を胸にあてております。
 元々から鋭敏な乳首ですが、その時に触れられた感触に私はゾクゾクっとしまして、身を震
 わせたのです。
 「あ。ああ・・ああっ・・」
 思わずお口に含んでいた怒張を吐き出して、何時もより数倍は悩ましい悲鳴を張り上げてい
 ました。
 だって・・今までに無い深い快感だったのです・・
 その甘い喘ぎに、森嶋様の怒張はまた1段と硬くなり、跳ね上がっていました。
 「如何した・・・?」
 何時もとは違った非常に悩ましい声に、彼は驚いたようです。思わず尋ねた・・という口調
 で訪ねています。

  「だってェ・・・」
 彼が何気なく触れた乳首を手で庇いながら、私は身を揉みました。
 その時の私の眸は色気タップリだったようです。その眸を見た彼も欲情しておりました。
 けれども彼の性癖は直ぐに私に襲い掛かって来て、挿入するような単純なものではありませ
 ん。
 私が欲情をしていると解った彼は、乳房を中心に嬲ることに集中しだしたのです。
 私のオ〇ンコばかりを開発していらっしゃった森嶋様はその日を境に乳房への責めも加わっ
 た・・と言った方が正しいでしょう。

  その日は上から両手でカリカリと乳首を掻いて来ました。
 「ああっ・・ああぁぁ・・」
 鋭敏になっている乳首はもうそれだけで十分でした。胸を反らして私は悲鳴を上げるだけ
 でした。
 次に行き成り両乳首をギュウっと握り潰してました。
「イ、 イタ・・痛い・・」
快感に喘いでいた私はいきなりの彼の握り潰しに大声で叫んでしまいました。鋭敏な乳房
は痛みにも敏感なのです。思わずその手を振り払おうとしましたが、ガッチリと掴んだ太
い手はビクともしないのです。そればかりか、もっと強く握り潰してくるのです。
白い乳房はより蒼白になり、指の間から零れています。

 「イ・・」
「痛い・・」と叫ぼうとしますが、声にもなりませんでただ涙が零れた顔を歪めるだけで
す。醜い顔になっていることは自分でも充分に解るのですが、胸のいたみで正常に戻すこ
とは不可能でした。
乳房を握り潰している彼の指は段々と頂点の乳首に向っているようで、私は恐怖に陥って
おりました。
「キェェ・・・」
乳首を握り潰されて、私は女に有るまじき悲鳴を上げております。それでも彼は許しては
くれません。(つづく)


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!