fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園  ( 義父とレズビアン )

         義父とレズビアン ( 19 )
  元の白い貌に戻っていた熟女は瞬間的に真っ赤になりました。『自分の喜ぶ表情を見ら
 れるかもしれない。恥ずかしいわ・・』と思ったようです。
 でも直ぐに諦めたようです。何も言わずに、それでもノロノロとした動作でお尻を立て
 始めたのです。僕が抜け出るのを恐れている見たいにです。
 彼女がお尻を立てると繋がっている僕の腰も立ってきます。そして膝立ちになると停止
 しました。彼女のオマ〇コは僕の砲身を締め付けていました。
 「ユックリとだ!抜けないように身体を倒すんだ・・・!」
 白いお尻に手を置いて、男に戻った僕の命令です。
 ソロリソロリと大きなお尻が倒れて、彼女が横を向きました。そして上体を捻って足を
 縮めて仰向けになりました。僕の長い砲身は彼女の肉体の中で捩れて、そして元に戻り
 ます。
 その時の彼女が回転する摩擦の快感が砲身を大きくしたようです。
「アッ、アアア・・・うっ・・・」
 当然のように熟女の息が上がり、声が漏れ聞こえています。
 絡まった足を抜いた彼女は、そのまま脚を胸の方に曲げて上げたまま、小さな息をして
 おりました。

  白い両脚を掴み熟女の駆を2つ折にした僕は肩に担ぎ上げています。
 そうして置いてから、彼女の肩の横にある枕を取って、熟女の腰の下に敷きました。
 腰は天井を向き、オマ〇コに挿入した僕の長い砲身が入っているさまが良く見えるの
 です。
 「イヤァ~。こんな、こんな格好は・・・嫌。恥ずかしい・・・」
 2つに折られているせいか、大きな声が出ないと見えて彼女の悲鳴は切れ切れです。
 僕は黙ったままで、両脚を肩に担ぎ直し、仰け反っている頭の両脇に手を突いて、真上
 からオマ〇コを突きました。
 「こんな格好・・・」と彼女が言っているのは、屈曲位のことのようです。
 ズンズンと突いて抜くと、オマ〇コの赤い襞が砲身に絡み付いて擦れる様子が、僕から
 は良く見えるのです。熟女はイヤイヤと首を振っていました。
 「イヤじゃないだろう?いいの間違いではないのか・・・?」
 彼女が乱れてくるのと反比例するように、僕は余裕が出てきます。真上から砲身を叩き
 込んで、女学生の声を振り捨てて男の声で彼女を揶揄していました。
 さっきの体勢よりも僕の男性自身は違ったところを突いている見たいで、グチュッグチ
 ッチュと云う湿った淫らな音が聞こえています。

  「イイの。イイのよ・・・。オマ〇コがとっても・・イイの!ああ・・・死んじゃう
わぁぁ・・」
 砲身が激しく出入し始めると、熟女は急に乱れて隠語を口にしています。2つ折にされ
 て身動きが出来ない彼女の身体が震え始めたのです。その声とその震えを見た僕はもう
 我慢が出来ませんでした。
 「イクゾ・・・。食らえ!」
 打ち込んでいる腰を思い切り奥に打ち付けて、僕は男の雄たけびを上げ、全部を吐き出し
 たのです。
 「いくうぅぅ・・・」
 彼女も叫んだようです。きっと腰の最深部が僕の放出によってビリビリと震えたのでしょ
う。身体を波打たせて、両脚はピンと伸びていました。
熟女のイク顔を見たいと思って彼女を仰向けにさせたのですが、僕は「いくうぅ」と言
った瞬間の彼女の顔を覚えてはいません。ただ、ビリビリと震える彼女の内壁の震えを感
じてはいます。
全部を出し切った僕はしっかりと彼女を抱きしめていました。(続く)


  
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!