FC2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 台湾1周 )


         台 湾 1 周 - 17
   台湾ツアーの4日目は台湾東部の太魯閣峡谷の観光でした。
 バスで約1時間。溪谷沿いの道を走り、大理石の岩がゴロゴロとしている谷川に到着しま
 した。
 この峡谷ではヒスイが採れるとガイドさんが話しています。
 ヒスイ石特有の青緑色の大理石の巨大な岩が谷川一杯にゴロゴロしているのです。それも
 直径が10mもあるのです。
 こんな光景は日本では絶対に見られない光景です。『世界は広い』と思いました。
 それから、峡谷を下って大理石工場の見学です。
 花蓮から新幹線に乗って台北市内に帰りました。
 台湾東部の海沿いに列車は走ります。何だかバスの車窓から見るのと異なった風景です。
 『旅に来たのだわ・・・』と思ったものです。

  午後からは台北の観光をしています。台風の雨が降り出したので、中正公園には行き
 ませんでした。
 今回のツアーでは台風が2つも台湾に近づいています。・・・と言うのに、奇跡的にも
 雨には合わずに済んだことは私たちの普段の行いが良かったとしか言いようがありま
 せん。ただし、今にも雨が降りそうなお天気ですたけれど・・・

  故宮博物館へも行きました。
 この博物館は蒋介石総統に一行が中国大陸から逃れる時に持って来た財宝を展示して
 あるのです。持って来た物と言って、なるほど小さなものばかりでしたが、1週間に1度
 は展示物を交換しているようなのです。
 全部の展示が終わるのは何十年もかかるとガイドさんが言ったいました。膨大な量を持っ
 て来たのですネ・・。
 博物館は曽さんが案内をして下さったのですが、何しろ沢山の人が見学していまして、
 それに、展示品が膨大ですし、1時間ぐらいの見学では説明する暇もないのです。
 速足で通り過ぎた・・・と言う感じでした。
 でも、素晴らしい物は沢山ありました。故宮博物館をジックリと見たいと思ったらば、
 台北だけを1週間ぐらい掛けてこないといけないのでしょう。

  忠烈祠にも行きました。私にとってはここが今回の台湾ツアーでは1晩印象に残った
 ところです。
 忠烈祠は大きなお寺さんです。内部に入ると細かな彫り物の1つ1つが赤や金色で色鮮
 かで圧倒されます。それが壁や柱と言わず、天井まで彫られているのです。
 「これは世界遺産ですか・・・?」
 余りの見事さに、思わずガイドの曽さんに聞いていました。
 「世界遺産ではないよ!」
 世界遺産になることを全然気にしている様子も無く、曽さんは平然と答えています。
 「モッタイナイわね。台湾は世界遺産にする積りなんか無いのかしら・・・」
 隣で見学していた彼に思わず言ってしまっていました。
 今、日本ではあっちこっちの風景や遺跡の類が世界遺産としようと云う気運が高まっ
 ているようですが、立派な建築物や景色などを持っている台湾の人々は、それを世界
 遺産として登録する気はさらさら無いようです。
 今回、台湾ツアーに参加をしまして、お寺さんや風景などを見て参りましたが、どれ
 も素晴らしいのです。
 世界遺産として残して置きたいものばかりなのです。そこへ行くと、日本の風景や遺
 蹟などは見劣りがするような気がいたします。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maikase

Author:maikase
FC2ブログへようこそ!