FC2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 社長と出張して )

       社長と出張して・・・-23
 お尻の真後ろに胡坐を掻いた旦那様は私のオマ〇コに唇を押し付けてまいり
ました。
「あっ。そこは・・・汚いわ。止めて下さい」
「隆子。隆子の性器は汚くは無い!お前のものだったら俺は平気なんだ。それ
に・・・よく洗ってあるのだろう?」
「これからは、何時来ても、嘗めてやれるように綺麗にして置くんだ・・・」
私が掠れた涙声で喘ぐように言いますと、旦那様は口を離さずに言います。
生まれてこの方、初めて肛門を嘗めて貰った私は『これで・・・本物のオンナ
に成れたのだわ・・・』と思いまして、感無量で涙が溢れて来ました。
舌を突っ込まれて嘗め回されたアヌスは、いえオマ〇コは、私の出した愛液と
社長の唾液で、もうグチョグチョと音さえ響かせています。

 あっ。旦那様が真上を向いたオマ〇コに陰茎を差し込んでまいりました。
旦那様は二つ折りになった白い両脚を押さえて、お尻の上に乗っかるように
して、真上から極太の砲身を掴み下向きにして、ズブリと巨大な亀頭を入れ
て来たのです。
「アア・・・アッ。イイ・・・イイワ」
私は窮屈なその姿勢も忘れて、旦那様の砲身を迎えるように腰を上げていま
した。(完)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maikase

Author:maikase
FC2ブログへようこそ!