FC2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( したたかな女 )

       「 したたかな女 」(9)
「エッチなことはしたいと言う気持ちはございませんが、女性として扱われたい
と言う気持ちが強くなりまして、このような投稿をさせていただいております。
お門違いかも知れませんが、何ぞとご理解をいただきましてメールを頂きとう
ございます」
以上のような文面を年齢のサバ読んで書き込みをしたのです。
いわゆるネットオカマだと思います。
人気のある掲示板でしたから、次の日には2通のメールがありました。良く読
んでどの様な人物かを分析しました。
1人の人は50代で文章はぞんざいで、どうも女性を隷属物のように思っている
ような感じがしました。
もう1人の方は実年齢は私より上ですが丁寧な文章で簡単なブロフもついてお
り、『貴女』と私を女性として認めてくれるのです。
私は2番目のこの男性をバーチャル上で女性としてお付き合いをすることにし
たのです。
 「大変申し訳ございませんが、昨夜のうちにメールをお寄越しになられた殿
方とお付き合いをさせて戴くことになりましたので、貴男様のお申し出は大変
嬉しく思いますがお断りをするしかございません。どうかお許し願いますよう
に・・・かしこ」
最初の50代の男性には丁寧に断りのメールを送りました。
余談ですが、後日この男性からは「分かりました」と言うメールが届いており
ます。
 早速私はこの年齢が上の男性とメールの交換を始めたのです。まず最初に
「以後、宜しくお願いいたします」との内容のメールを送ったのです。
彼からはその日のうちに、「とても喜んでいます」とのメールがありました。
それからは毎日メールが着信し、返信が終わると、そのメールに対しての返信
が直ぐにあるのです。
相手の男性は非常に誠実で、私がバーチャルででも女性を演じていることに
対して申し訳無い気持ちがしてまいりました。私はネットオカマをして彼を
騙しているのが苦痛になって来たのです。
「私が東京へ行く用事が出来ましたので、是非貴女とお会いしたいと思いま
す」
ある日のメールに彼が私の住む東京へくることになったので是非会いたいと
言うことを言って来たのです。
私は困ってしまいました。
メールでは女言葉を、それもゆっくりと時間を掛けて吟味して使い、1度書い
たものをおかしいと思われる部分を訂正して上品な女言葉に直して送ってい
るのですから、尚更言い出しにくいのです。
もし私が女装して会ったとしても、たとえ綺麗にお化粧をして会ったとして
も、普段は男のままですからアラが出てしまって、相手の方からは断られて
しまうことでしょう。きっと、怒って席を立ってしまうことでしょう。以前
私が女装者と会った時にしたようにです・・・
現実の世界でもそうなのですが遊びの世界でも、私は惨めになるに違いない
と思われるのです。そんな惨めな思いはしたくはなかったのです。(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maikase

Author:maikase
FC2ブログへようこそ!