fc2ブログ

記事一覧

小説 舞の楽園 ( 義父の白いオブジェ )

        義父の白いオブジェ(14)
俺自身の男根は太さも長さも十二分にある。それを毛際まで押し込んでやった
のだ。
信子の中はとっても熱くて、とっても気持ちが良い。俺の分身をヌルヌルとし
た筒で包むように包み込んでもてなしてくれている。ジャリッと叢が音えを立
てるまで、再度押し込んでやっていた。
「うんっ・・・深いっ・・・深いわ・・・」
信子は今度は女のイントネションと女の声色で嘆息した。
俺は男性自身を女に入れて、相手の女の性感が高まってくるこの言葉を言わせ
るのが好きなのだ。その瞬間には女を喜ばしていると言った実感が湧いて来る
のだ。
信子の内部は最奥まで入れると、亀頭の先端が柔らかにコツンと当たるものが
あることに気が付いた。直腸が曲がっているのか、或いは瘤のようなものが
あるのか俺には判らないが、まるで女の子宮の入り口に当たっているような感
じがしている。
締め付けて来る感覚を覚えながらズルズルズルと抜くと、それに抗しきれない
ように俺の下に組み敷いている信子のお尻が上ってくるのだ。
「ウアッ・・アアッ・・・ワァァ・・・」
信子のその声は俺にとっては、とても魅力的に聞こえるんだ。
俺はすっかり信子のそのオマ〇コを気に入った。いや、いたく気に入った。
無神論者の俺であるが、今日のこの偶然を神様に感謝していた。

 しばらく俺の砲身は信子の膣(じゃあなかった肛門だったけっ)を長いス
トロークで征服していた。
それもただ抽送しているだけではない。アヌスの入り口と云うか出口と言う
か、そこのところまで大きく男根を引き抜いておいて、3~4回チョンチョン
と軽く突いておいてから、それから勢い良くズンと奥まで突き入れるんだ。
そして引き上げる。
時には、彼女が焦れて腰を振るほどにゆっくりとゆっくりと引き抜くのだ。
どの女もそうだったのだが、俺の巨大な亀頭が抜かれる時には「ア、アア、
アウッ・・・」と呻くように声を出すのだ。信子も大きく口を開いて咽を反
らした。
そして、俺の砲身を抜かれまいとするように締め付けて、俺が勢い良くズン
と突くと「アウ~ッ」と鳴いた。
俺の長い砲身が身体の中を突くとどの女も泣いてはいたが、信子の場合はと
っても感度がいいらしくって、泣き声が掠れて涸れていた。
 7~8回はその動きを繰り返して信子を泣かせてやると、信子の身体は熱
くなってきて、俺の押さえている双脚の裏も汗ばんで来た。
もち論、俺自身の身体も汗が吹き出ている。
信子の中に突っ込む俺のピッチも最高潮に達していて、俺と信子の股間から
はパンパンという音が激しく響くようになっていた。
「ああっ・・・もう。もう・・・来て・・・」
信子は切なくなって来たのであろう、本物の女よりもず~と素敵な声で俺に
哀願していた。(続く)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞

Author:舞
FC2ブログへようこそ!